台風7号 日曜日に沖縄本島直撃のおそれ

6/29(金) 17:45配信

ウェザーマップ

 台風7号は30日(土)に沖縄に接近し、7月1日(日)には暴風域を伴いながら沖縄本島にかなり接近し、直撃するおそれがある。暴風・高波・土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要となる。

 29日午前9時に日本の南の海上で台風第7号が発生。台風は29日午後3時現在、沖縄の海上をゆっくりとした速さで西へ進んでいる。中心の気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルとなっている。
 台風は、今後発達しながら北北西に進み、やや速度を速めながら30日(土)の朝に沖縄の南海上に達する見通しだ。7月1日(日)には暴風域を伴いながら那覇市の南の海上にかなり接近し、沖縄を通過したあとは奄美の西の海上を北上する見込み。

▽強風域に入る見込みの時間帯
 本島中南部・北部・久米島 30日夜
 大東島 30日昼過ぎから夕方
 宮古島 30日昼過ぎから夕方
 石垣島 30日夜
 与那国島 台風の動向に注意

▽暴風域に入る見込みの時間帯
 本島中南部・北部・久米島 7月1日朝から昼前

<暴風・高波>

 7月1日(日)は、台風の接近に伴い、海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要となる。

<大雨・雷・突風>

 沖縄では、台風の接近する30日(土)午後から7月1日(日)にかけて、台風周辺の発達した雨雲がかかり、雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り大雨となるおそれがあるため、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意したい。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。

  •  

最終更新:6/29(金) 19:04
ウェザーマップ

    全站熱搜

    湛藍水瓶 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()